子供の便秘(ストレス)

小さい子供の便秘は、トイレトレーニング時のストレスなど、小さなききっかけが原因して起こることがあります。
子どもは、排便時に痛みを感じることがあると、”うんちするのが怖い”という恐怖感を持ってしまいがちで、そうすると、ますます便秘になってしまいます。
便秘になるような子は多少の先天的要因があるようです。
普通は、成長過程で改善され、1~2才で問題なくなってしまうのですが、そのときに排便恐怖がプラスされてしまうと排便できなくなり便秘になってしまいます。
子供の便秘だということで、家族も軽く見てしまいがちなので、このあたりは要注意です。
直腸というのは伸縮するので、かなりの量の便を溜ることができます。
赤ちゃんの時にちょっとしたきっかけで一旦便秘になってしまうと、直腸が伸びてしまい、便が直腸に届いたことを感じにくくなり、どんどん便秘になってしまいます。
ストレスも腸蠕動に大きく関係してきます。
腸は交感神経と副交感神経の連携で動くので、休日などリラックスしている時はよくなり、逆にお母さんが神経質だと子どもは便秘になりやすいです。
よくストレスがかかると女性は便秘し、男性は下痢になると言われますが、子どもに関して言えば一概には言えません。
男児のほうが恐怖感は強いといわれています。

コメントは受け付けていません。