大腸メラノーシス

大腸メラノーシスとは大腸黒皮症とも呼ばれ、大腸の腸管粘膜にメラニンのような色素が付着し、黒く見える症状です。
特に自覚症状はありませんが、黒く変色した部分では腸壁が硬くなって、伸びたゴムのようになってしまうのです。
このようになると、腸はますます動かなくなり、悪循環が重なるようになります。
なぜ、大腸メラノーシスになるのかと言えば、それは、下剤の使い過ぎです。
アントラキノン系の便秘薬を長年使い続けることで、腸壁に変化が起きてくるのです。
アントラキノン系の便秘薬は、大腸の結腸を刺激することで排便を促しますが、本来の便意は、直腸に便が到達することによって起こるものなのです。
こうしたことを長く続けることにより、本来の排便がますます出来なくなってきます。
市販の便秘薬は、アントラキノン系の物が多いので、一時的には効果があっても、長く使い続けるにはリスクがあります。
また、この大腸メラノーシスは、大腸ガンとも関連があるとも、一部で言われています。

コメントは受け付けていません。