月経前症候群としての便秘

女性は月経が近くなると便秘になることが多いです。
これは、「月経前症候群」のひとつでもあります。
排卵から月経開始までの時期に現れるます。
月経開始の1週間ほど前から頭痛、腰痛、イライラ、倦怠感などの不快な症状が出現することで、(PMS)ともいいます。
原因は、正確にはまだ不明ですが、月経に向かってホルモンバランスが変化するためではないかと言われています。
通常の習慣性便秘とは少々おもむきが違い、月経の期間が過ぎれば解決するものです。
しかし、PMSは、月経の周期ごとに反復して現れるのですから、非常にわずらわしいものでもあります。
症状の度合いも個人差があり、それほど気にならない程度の人もいれば、 逆にかなり辛い場合もあります。
そうしたPMSによる便秘には、r-リノレン酸が効果があると言われています。
r-リノレン酸はコンブ、海草などに多く含まれています。
r-リノレン酸は便秘ばかりではなく、他のPMSの症状にも効果があります。
r-リノレン酸入りのサプリメントも各社から販売されています。

コメントは受け付けていません。