排便はあるのにお腹が張る

便秘に明確な定義はありません。
毎日ないといけないとか、何日ないと便秘だとか、定まった既定はありません。
2、3日なくても本人がかくべつ辛くなく、その後に排便があるのならば特に心配する必要はないと言えます。
そうしたことから、毎日排便があるから全く心配がないかというと、中には、毎日排便があるのにもかかわらず。お腹が張っているように感じる。頭が重い、など一般的に感じる便秘の症状に悩まされている人もいます。
まいにち排便があるのに、なぜお腹が張るのかと言えば、それは、腸内にガスが溜まっているからです。
腸の動きが悪いと、便が出てもガスまで排出できないので、腸の中に停滞するようになります。
排便後もスッキリ感がなく、腸内に溜まったガスが胃を圧迫するので、食欲も落ちてくる場合があります。
排便はあるので、便秘とは考えず、何か病気なのではないかと心配する人もいます。
もちろん、他の病気が隠れている場合も考えられますが、こうした場合は腸内環境の改善を図ることで解決されます。
症状は便秘と同じですが、排便はされているので、下剤を飲んでもさほどの効果は得られないと思います。
緊急対応として下剤を利用するのではなく、弱った腸の改善を助ける方法を試すべきでしょう。

コメントは受け付けていません。