座薬の注意点

便秘に使う座薬といえば、「浣腸」という名で知られています。
グリセリンが主成分で、他の下剤を使っても、便意を生じない時など、直接大腸に刺激を与えて動かそうとする下剤です。
もう座薬でなければ出ない、という状態はよくありません。そのうちに座薬も効かなくなる恐れがあります。
病院へ行くと、便秘体質を改善するのではなく、ごく簡単に下剤を処方される場合がほとんどです。
お医者さんにとって、便秘自体は病気ではなく、他の消化器系の病気などがないのなら、一時的に便の排出がうながされれば解決とみなされます。
ですから、繰り返し便秘を訴えていれば、当然より作用の強い薬を渡されるだけなので、ますます、症状は悪化してしまいます。
出ないと辛いので、クセになるのは解っていても、結局薬に頼ってしまう。というのが便秘に悩む方の現状だと思います。
体質改善を心がけながら、薬の使用を少しづつ減らしていきましょう。

コメントは受け付けていません。