オリーブオイルの効用

オリーブ油とはオリーブの実から作られる油で、コレステロールを下げる作用があるとされています。
動脈硬化・心筋梗塞の予防や便秘解消などの様々な効能が期待されています。
オリーブ
オリーブ油には不飽和脂肪酸のオレイン酸(一価不飽和脂肪酸)の他に、ベータカロチン・ビタミンE・ビタミンKなどのビタミンや、ポリフェノールなどのファイトケミカルが多く含まれています。
オリーブオイルのうち、特にエキストラバージン・オリーブオイル(EVOO)は抗酸化作用を有するフェノール類の含有量が、通常の精製オリーブオイルよりかなり豊富だと言われています。
ビタミンE含有量は、他の植物油と比べ3~5倍も多く含まれています。また、酸化防止成分も含んでいるオリーブオイルは、美肌効果があり、皮膚を保護して整えてくれる効能があります。
オリーブオイルの効能には、微生物(バクテリア・ウイルス)などによる外部からの侵入に対して免疫を強めてくれる作用もあります。
最近、なんでもかんでもオリーブオイルをかける、1週間に1本使いきるなど、マニアも急増しているようです。
中には、オリーブ鍋をする家庭もあるとかないとか??
何ごとも、やり過ぎは注意しましょうね。

コメントは受け付けていません。