虹の色は何色??

虹の色は 赤・橙・黄・緑・青・藍・紫 の7色と言われています。
実際には、虹の色には仕切りが無く、連続的に変化する無数の異なった色からなっています。
アメリカやイギリスでは一般的に、赤、オレンジ、黄、緑、青、紫の6色、ドイツでは赤、黄、緑、青、紫の5色と認識されているそうです。
日本では7色ですね。
これはニュートンの、虹の研究に由来する考えを採用した歴史があるためです。
ニュートンは、赤黄緑青紫の5色と考えられていた虹の基本色に、柑橘類のオレンジの橙色と、植物染料インディゴの藍色を加えて7色としました。
彼は虹の色と色の間は無限に変化していることを知っていましたが、それにもかかわらず、虹を7色としたのは、当時、7が神聖な数と考えられていたからと考えられています。
音楽のオクターブもドレミファソラシの7音からなる。ニュートンは美しい虹も7つの基本の色からできているとしたようです。
虹の色は、科学的な判断でされているのではなく、あくまでも、文化的考えからされているようですね。
7色が日本特有のものだったなんて、知りませんでした。

コメントは受け付けていません。