旅行中の便秘対策

マラソン選手は通常、便秘はしない!!んだそうです。活発な運動が効果があるようですが、以下は旅行中の留意点です。
旅行中にお腹の調子が悪くなることがある。慣れない食べ物は言うに及ばず、食事の変化や時差が胃腸システムに大混乱をもたらしかねないからだ。
旅行中ハーバード大学医学大学院の准教授で、ボストンのベス・イスラエル・ディーコネス医療センターの胃腸科医でもあるアンソニー・レンボ氏は、旅行中の特徴的な問題は驚くほど共通していると話す。レンボ氏が旅行中の過ごし方について、ちょっとした秘訣を伝授する。
大きなカップで飲む朝のコーヒーは良い選択か
イエスでもあり、ノーでもある。レンボ氏によると、コーヒーは刺激剤として作用するため、朝の1、2杯のコーヒーで規則正しい毎日が始まるという人も多い。
しかし、その一方で飲み過ぎは禁物、コーヒーを飲み過ぎると大事な水分が排出されかねない。
レンボ氏は「大人のほとんどはカフェインを朝に飲む。私もそうしなさいと言っている。トイレに行くことができ、コーヒーの利点を活かせる朝の早い時間に飲むのがいい」と話す。
ドラッグストアの下剤コーナーで薬を選ぶのは骨が折れる。一番良い薬は
薬に頼らないためには何を食べればよいか
 もちろん繊維質をとることが鉄則だ。しかし、これも摂取しすぎると膨満感につながる可能性が高い。
運動は有効か
 旅行中に運動をするのは難しいだろう。だが、その価値はある。本当に汗をかけばなおさらだ。
 レンボ氏によると、年配の患者に対する軽い運動療法では定期的な便通に効果はなかったという。レンボ氏は「活発な運動であればあるほど、効果は大きい」と述べ、「マラソン選手は通常、便秘はしない」と語った。
<ウォールストリートジャーナル より 抜粋>

コメントは受け付けていません。